■アフィリリンク

iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)
Mac ソフトのことなら act2.com
act2.com
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

■プロフィール

飴屋/菖蒲

Author:飴屋/菖蒲
(あめや・あやめ)
「UTAU」の作者です。

■アクセスカウンタ

08/10/20設置

■リンク
■ブログ内検索

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■Amazon

アソシエイトリンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
五線譜とピアノロール(寄せられた質問より)
ええと、タイトルの件は、他に適切な解説があると思うので、
検索するなりして探してもらうとして、
寄せられたご質問から。

> UTAUって楽譜で打ち込むVer.はないんでしょうか。
> ピアノロールの見方分かんないです。

すみません。ありません。
頑張って慣れていただくか、別途、五線譜入力形式のMIDIデータ作成ソフトでMIDIファイルを
作成してインポートしていただくとか。
いずれにしても面倒ではありますが、有料でメジャーなソフトでもピアノロール方式はよく見かける
ようですし、「そういうもの」だと思って慣れていただくのが肝要かと。

ところで、言いわけではなくて、せっかくの話題ですのでもう少し書きますと、
ピアノロールという言葉自体は自動ピアノ用の穿孔紙に由来するらしいですが、
ピアノロールエディタなんていう(五線譜に親しんだ人から見れば)奇怪な入力方式が
台頭してきた背景には後のDTMに至る源流であるコンピュータミュージックの発展があるようです。

ここから「平均律」と「音波の周波数」の関係とかを解説しだすと大変なことになってしまうので
ここでは各自検索するなりして調べてもらうことにして、結論を言うと、
プログラム的に、というより技術屋的に見ると、五線譜よりピアノロールの方が
楽曲データの表現としては合理的なんです。(“調”とか音楽的なことは度外視してますが)
作るのも簡単だし、応用(色々機能を付け足すこと)もやりやすい。

そんなわけでUTAUのインターフェースはピアノロール方式を採用したわけですが、
実は、音楽は小中学校で習った程度な私も「五線譜入力なソフト」と「ピアノロール入力なソフト」だと、前者の方が圧倒的に入力しやすかった覚えがあります。

このあたりは私自身「使う側」と「作る側」を兼ねているが故の矛盾なんですが。
とりあえず、「五線譜入力方式のUTAU」は今は無いです。
「今後作る予定はあるか」と聞かれても「判りません」としかお答えできません。



UTAU | 03:31:22 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
あのー。私自身まったく不自由していないことへのコメントで申し訳ありませんが、ちょっと思い付いたので。
ピアノの白鍵のみの部分を切り取るとピアノロールに見えますよね。
逆にこの部分を切り取ってEとGとBとDとFに縦に太い線を引いて
引き伸ばすと・・・五線譜に見えてきませんでしょうか。
スコアからでないと入力できない人用にこの部分の絵を代えてしまうパッチとか。このアイデアはダメでしょうか。
2008-09-18 木 12:22:33 | URL | ken [編集]
ダメとか私に判断を仰がれても困りますが、
歴史ある五線譜に対してピアノロールだって使われるようになってから何年も経っているわけで、
もしそれが本当に便利なら当の昔に世に登場していると思うのですが、いかがでしょうか?
2008-09-20 土 00:06:15 | URL | あめや [編集]
変なことを書き込んですみませんでした。
管楽器には運指表というのがあって音階と指遣いが比べられるのですが、考えてみればUTAUの画面に組み込まなくてもそういう図を描いて
配布すればよいような気もしてきました。
絵が下手なのでいつになるかわかりませんが試作してみます。
2008-09-20 土 00:42:27 | URL | ken [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。