■アフィリリンク

iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)
Mac ソフトのことなら act2.com
act2.com
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

■プロフィール

Author:飴屋/菖蒲
(あめや・あやめ)
「UTAU」の作者です。

■アクセスカウンタ

08/10/20設置

■リンク
■ブログ内検索

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■RSSフィード
■Amazon

アソシエイトリンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
折角なので記事にしてみる
謝るの禁止。
「すみませんでした」だけで失礼を正当化するのは、時として更に失礼になることがあります。
その、『これで良かったんだか悪いことをしたんだか判らないすっきりしなさ』を
要望書受諾(“要望受諾”ではない。ここ重要)の代償として受け取ってください。

> 1) mode2の魚雷の制御ファクターの増加
>
>  魚雷のスライドコントロールを1つ増やしてほしいです。設置場所に悩みそうですが。
>  それで制御できてほしいのは、振幅と波長の関係です。次のような感じです。
>
>   中立位置に:振幅によらず波長は一定(現行の魚雷の動作)
>   ある方向に:振幅が大のとき波長が短・振幅が小のとき波長が長
>   逆の方向に:振幅が大のとき波長が長・振幅が小のとき波長が短
>
>  自分が使いたいのは真ん中の設定です。

エンバグのリスクを犯してまで実装しなければならない積極的理由が見つかりません。
何がしたいのか、目的の方をもっと具体的に書いてもらった方が、
より良い回答を見つける糧になると思います。

おそらくよりリアルなビブラートを追及されているのだと思いますが、
道具だけを要求するのでなく研究成果(もしくはこれからされようとしている研究・実験)も
示していただけると互いに幸せになれるような気がするのですがいかがでしょうか?

>
> 2) mode2の時間軸の単位の変更
>
>  テンポを変更してもピアノロール画面に対してピッチ曲線が動かないよう、
>  実時間でなく、例えば四分音符の長さを480とする単位(tick)に変えてほしいです。
>
>  込み入ったピッチ曲線を設定したあとでテンポを変えたら曲線を全部引き直し、
>  というのでは旧モードよりも悲しい感じです。
>
>  まあ、カバー曲をUTAわせていて調声が進んでからテンポを変えたくなるのは、
>  オケのやりかえとか譜面読み間違えていたとか限られた場合ではありますが……。
>

実際、プログラムでも音符の長さ(tick)-秒数(ms)-サンプル数の計算が煩雑なので
そういう検討は今までしたことがありますが、
結局、『テンポによってピッチの変化がスケーリングするのは違和感がある』という理由で
つまり操作性よりリアルさを優先して、ミリ秒単位の方を選択したという経緯があります。

現状を言えば、互換性に重大な問題が発生するので、
一人の要望の為にそんな大改革を敢行することは出来ません。
『切り替えられるようにしたら』なんて気軽に書いてくれる人が出るかもしれませんが、
結局、その互換性設計の工数とか実装後に生じるユーザの問い合わせ対応とか
不具合対応・機能の調整とかの手間と実装後の利便性を天秤にかけることになります。

ただ、その『テンポを変えた時の面倒さ』は私も経験しているので、
何らかの救済措置は必要だと思っています。
具体的にはポルタメント数値のスケーリングツールかな?
だれかがプラグインを作ってくれればいいのだけど。

>
> 3) 固定部を末尾側に持つ音符の新設
>
>  固定部を音符の末尾側に持つ音符が使えるようになってほしいです。
>  実装されれば英語部の方が「~ish」といった要素で使うかも知れませんが、
>  その使い道とは別に日本語音源用にあれば試してみたい感じです。
>
>  将来にわたり存続する保証の無い隠し機能でもいいのですが、
>  これはタイミング的に9月中旬頃までに実装されているとうれしいです。
>

これは、結構前から研究してます。もう少し伸縮操作の自由度が高いエンジンを。
ただ、中核部から作りなおしを余儀なくされるので、
今までの「5」だの「7」だのの『それ版』くださいなんて当然のように要求してきたら
流石に『うんざり』すると思いますが。

それから、インターフェース側にかなり改造が必要で、下手すると『UTAUでないアプリ』に
なるかもしれない程なので、「9月には間に合わない」とかそんなレベルの話ではありません。

>
> 4) エンベロープの点の増加
>
>  エンベロープの点の数は固定ではなく、必要に応じ増加できてほしい感じです。
>
>  歌を聴いたり、ぼかりす「大漁船」シリーズの動画等を観察したりするに、
>  ピッチ曲線の波打ちから若干位相が遅れて音量が波打つ、というのができれば
>  演歌のこぶしを模擬するのに有利になるような気がします。
>
>  なお、エンベロープの形状は曲線でなく折れ線で聴感上十分なような気がします。
>

無理じゃないけど、こっちもやりたくないなあ。ちりも積もればじゃないけど、
小手先の改造が積もり積もってメンテナンスの手間が結構すごいことになっているので。
この件に関しては小手先のエンベ機能の改造ではなく、抜本的回答(solution)が
必要だと思っています。いろいろ作って試してはいるんですけどね。
DAWのエンベロープ機能で何とかなりませんか?

>
> 5) オーバーラップ部の音声基本周波数の波の位相あわせ
>
>  オーバーラップ部に(mode2で)毎時刻のピッチが一意に定義されているとき、
>  音声基本周波数の波の位相が揃うよう、後ろ側の音符の「先行発声」の値を計算に
>  基づいて(増加方向にだけ?)変更する機能があれば、かなり試してみたいです。
>
>  低音ほど修正量が大きくなる可能性があり、しばしば数ミリ秒動きそうですし、
>  自動動作でなく母音に限り音符のプロパティで参考値を教えてもらえれば、です。

キハ22さんはあっちには関わってなかったっけ。
『連続した音達』関連で必要なことなのでこちらは心配しなくても近いうちに付きますよ。


以上!


スポンサーサイト
UTAU | 19:44:13 | Trackback(0) | Comments(5)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。